忍者ブログ

OMNI FACTORY blog

同人活動など色々と メール:ooalw★bf7.so-net.ne.jp (★を@にしてください)

2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そういやあったねハイエンド系

今日は部屋片付けてました。
ダンボールもらってきたので、とりあえず本を詰め込んで
スペース確保。まだまだ終わらんな・・・

さて、掃除してた時にピュアガールって言うなつかしい本とか出てきて
「そういや、ハイエンド系ってあったなあ」と思い出す。

ハイエンド系って言葉、なんか一瞬流行ったような
流行らなかったようなあいまいなものっていうのが
正直自分の意見かな。
同人誌でビジュアル表現の手法を生みだしたのは
すげえなーとは思います。実際に自分もかなり影響を受け
マネしたことがなつかしいっす。

それから、個人レベルですが本制作のため「何をすればかっこよくなるのか」を
考えた結果、デザインへ関心が向き現在のテンポが生まれました。

今でもああいったスタイルを続けてる人っているんかね?
ピクシブ見てると、絵を描く際にエッセンスとして使用してる
人はいるみたいだけど。
PR
*COMMENT-コメント-
▽無題
ハイエンド系は、シュールレアリズムにとってのダダイズム、
或いはニューウェーブにとってのポストパンクのように、
萌え系にとっての、過渡期のムーブメントだったんでしょうね…

ハイエンド系の要素の中から、消費者であるオタク達が「キャラ萌え」の部分だけを抽出して受け入れたのが、後の「萌え系」だったんだと思います
▽無題
コメントありがとうございます。

ハイエンドって進化過程で消えていった
感じがしますよね。
デザインとオタク的エッセンスを上手く配合するのは
なかなか難しいものでしょう。なんというか
「主流になりえなかった」トコや若さゆえの勢いが
魅力的かと。

エヴァでも最終的に残ったのは
アスカやレイといったキャラクターであり
尖ったSF的要素やアイディアの面白さを受け継ぐ
ものってあまり見ません。

でも後から「こんなものがあったのか!」と
再評価されることもあるかもしれませんね。

*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。 
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
■カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■カウンター
■最新コメント
(05/16)
(03/11)
(03/11)
(08/16)
(01/17)
■最新トラックバック
■プロフィール
HN:
OA
性別:
非公開
職業:
自由人
趣味:
オタ趣味全般
自己紹介:
コミティアを中心に創作オリジナルメカものを
やっております。

メール:ooalw★bf7.so-net.ne.jp (★を@にしてください)
■バーコード
■ブログ内検索